沖縄の魔除けの「サン」と「ゲーン」と「シバサシ」

      2017/06/27

魔除けのサン

名護市羽地内海に浮かぶ大きな島が屋我地島で、その離れ島のひとつに「ヂャーナマ」と呼ばれる小さな島があります。

むかし、その島で妻を亡くしたウスメ―(翁・おきな)が、魚をとりながら気楽な一人暮らしをしていました。

ある日、久しぶりの大漁で、ウスメ―が大よろこびした夜のことです。

「どれ、ごちそうでもつくって祝いでもするか」

ウスメ―は、お膳にならんだ夕食をながめながら。満足そうにお箸を手にとりました。

すると、どこからともなく。おおぜいのマジムン(化け物)があらわれ、いきなり料理に手をつっこんで、むしゃむしゃと食べはじめたのです。

腰をぬかしたウスメ―は、ただ目をぱちくりしているだけでした。

その日から、マジムンたちは毎晩のようにやってきて、ウスメ―の夕食をむしゃむしゃ食べるようになりました。

ふしぎなのは、マジムンたちに食べつくされたはずの料理が、なぜかもとのままのこっていることでした。しかし、ウスメ―がそれを食べると、かならずひどい吐き気や下痢におそわれるのでした。

きっと、マジムンたちが食べ物の精をぬきとっていたのでしょう。

「これでは、とても体がもたない」

ウスメ―は、なんとかしなければと思うばかりで、ほとほとこまりはてていました。

そんな夜のことです。

マジムンたちが、料理に手をつけず、そうっと帰ったことがありました。

ウスメ―が首をかしげながら、注意深くお膳をみると、そこにはススキの葉を小さく裂いて輪結びにした「サン」がおかれていました。

「ははあ、これが魔よけになったのか」

その日、ウスメ―はなんとはなしにススキの葉でサンをつくり、お膳の上にのっけていたのでした。これが、マジムンたちを追っぱらう魔よけになっていたのです。

「もうマジムンなんかこわくないぞ」

あくる日も、ウスメ―はススキでサンをつくり、お膳の上にのせておきました。

やがて夜になり、暗闇の中からマジムンたちがあらわれました。が、料理に手をつけることができず、うらめしそうに帰っていくのでした。

こうしてウスメ―は、サンの力でマジムンたちを追っぱらうことができたのです。

これにならい、弁当やシーミー(清明祭)の料理、近所へのおすそわけなどにはサンをそえるようになりました。とくに夏場の弁当が腐ってすっぱくなるのは、マジムンに食べ物の精をぬかれるからだといわれています。

『沖縄の由来ばなし』  文:徳元英隆 絵:安室二三雄 より引用

「サン」は、食べ物関係だけでなく、様々な魔除けに使われます。

沖縄の病院で働いている知り合い曰く、
入院している患者さんのベッドの枕元には、必ずと言っていいくらい、
「サン」が置かれているそうです。

ちなみに、これは、僕の部屋の枕元にある「サン」です。

160522_1838~01
Photo by Toshi

マジムン撃退用のツールとして、「サン」を大きくしたものが「ゲーン」?

四隅に置いて結界を作ったり、門口や屋敷、軒、畑などにさしたり、
お祓いをしたり、マブイグミをするときにも使います。

材料は、「サン」も「ゲーン」もススキです。
葉の形が剣に似ているので、ススキには、
魔除けのパワーや呪力があると信じられています。

桑の木にも、身を守る呪力がると信じられていて、
桑とススキの両方を使って作られる、
最終マジムン撃退用ツールが「シバサシ(柴差し)」です。

形は、どれも同じで、大きさと材料に違いがある
と、僕は理解しています。

【「サン」の大型バージョンが「ゲーン」で、桑とススキを使ったものが「シバサシ」】

沖縄には、やたらと、魔除けツールがありますが、
シーサーやら、石敢當やら、水字貝やら、やらやらやら…)
この土地で暮らしていくのに、必要なものだから存在している?と思い、
やたらと、愛用させてもらってます(笑)

沖縄魔除け サン 作り方
https://www.youtube.com/watch?v=FQ6VFbYxxGY

312199_214037755323255_1720839206_n
Photo by Toshi

写真は、やんばるの嵐山展望台から見た、
屋我地島~古宇利島界隈(手前の海が、羽地内海)。
左端に、ワルミ大橋も写ってます…

名護市 羽地内海
https://www.youtube.com/watch?v=PNuAA-ABV3M

PEACE

※コメント・質問等は、メールでいただけると幸いです。
(Top ページの Contact から運営者へ直接メールを送信できます)

 -【琉球通信】 OKINAWA curation journal


Sponsored Links

  関連記事

沖縄の七夕(旧暦7月7日) ~お日柄を選ばない日~

沖縄の人々は年中行事だけでなく、引っ越しや海水浴など、なにをするにも「お日柄」を気にします。そんな沖

『モモト Vol.24』 琉球・沖縄の死生観

沖縄のお墓史 沖縄を訪れる人に驚かれるのが、ユニークな墓の存在である。 それは1845年、那覇の街を

沖縄の世界遺産「玉陵(たまうどぅん)」~琉球国王の系譜~

玉陵(たまうどぅん、玉御殿または霊御殿とも)は、琉球王国、第二尚氏王統の歴代国王が葬られている陵墓。

映画「人魚に会える日。」仲村颯悟監督インタビュー

「…それだから沖縄っていまだに問題を抱えてるのかな… みんながこうやって逃げてきたものが、ずっと続い

沖縄の旧暦4月14・15日 ~アブシバレー(畦払い)~

夏本番を前に、農作物がすくすくと成長する季節。そんな時期に作物を荒らす害虫を退治し、豊作を祈る行事が

エイサー進化論 ~琉球國祭り太鼓・昇龍祭太鼓~

どんな「伝統芸能」にも始まりがある。 今は「創作」「現代版」或いは「コンテンポラリー」と呼ばれる芸能

登川誠仁 の「戦後の嘆き」が生まれたいきさつ

「戦後の嘆き」は、あるウチナーンチュの元兵隊さんのことを思い浮かべて作った歌です。 私がコザに来た時

アシムイとオボツカグラ信仰

沖縄本島北部、最高の聖地がアシムイ。 アスムイとも発音・表記されますが、 「大石林山」のサイトでは、

『風に聞いた話 ~竜宮(りゅうきゅう)の記憶~』 赤犬子の話

夕凪(ユードゥリ)の波間に魚たちが跳ねるのを見ながら、無風(ンナカジ)に聞いた話。 そのころ、ある漁

沖縄の旧盆 ~7月13日「ウンケー」14日「ナカビ―」15日「ウークイ」~

旧暦7月13日 旧盆・ウンケー 1年のなかでも最大のビッグイベントといえば旧盆。地域や門中、家庭によ

PCadBIG

Sponsored Links

沖縄の旧暦の主な年中行事 ~新暦ではいつ?~【2018年】

  旧暦1月 1日 ショウグヮチ(正月) 2月16日(金) 4日 ヒヌカンのお迎え 2月1

神女と王の恋 ~『日本人の魂の原郷 沖縄久高島』 比嘉康雄著 より~

  久高島で一番古いムトゥと考えられている大里家(ウプラトゥ)の前に、枝があたりいっぱい這

久松五勇士のお話 ~『宮古島物語』 久貝徳三著 より~

日露戦争で日本の連合艦隊と、ロシアのバルチック艦隊が、 1905年、対馬沖で日本海海戦という、歴史的

沖縄のトイレの神様「フールヌカミ」 ~トイレ掃除と金運の関係~

悪者に追われたら「駆け込み寺」ならぬ 「駆け込み便所」これが沖縄の習わし 沖縄ではトイレの神様を「フ

沖縄の古謡 ~首里クェーナ保存会の神謡~

沖縄古謡の保存記録について 沖縄の各地域には、生活に根ざした貴重な古謡が数多く歌い継がれていますが、

『赤椀の世直し』名護博先生のお話 ~2012年12月28日@普天間宮~

2012年12月28日、沖縄の普天間宮での「ほのぼのマルシェ」、 というイベントでの名護博先生のお話

  • 2018年4月
    « 8月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930